大勢でのビデオ通話はやっぱりあの老舗が強かった


ありがたいことに最近は仕事での打合せが結構増えてきました。以前はひとり黙々と作業する感じだったのですが、ここのところはもっぱら人と話すことが増えていました。
人と話すと言っても、会って話していると効率悪いので、もっぱらビデオミーティングです。
最初はもちろん会って話すんですが、関係がしっかりできたあとは定例のミーティング等はお互いの時間メリットも考慮してビデオミーティングにしています。
プロジェクトが動き出したら、あまり話すことはないんですが、ミーティングを行うことでお互いにプレッシャーをかけあうためのものといえるかもしれません。
そんなビデオミーティングですが、最近はアップルのFacetime、LINE、Facebookのメッセンジャーなど色々と選択肢がありますね。
色々と試した結果、行き着いた結論は「スカイプが最強」でした。Skype(スカイプ)って若い人はほとんどしらないのでは?ビデオ通話といえば「スカイプ」と言われるくらいの存在でしたが、SNSの登場ですっかり影を潜めていました。15年くらい前に留学中もこれで家族と連絡とりあっていたのは懐かしいです。
ビデオ通話だけを考えるとどのサービスもそこそこ問題ないです。というより、結構使えます。ただ、それは1体1に限ってという条件付きの話です。
最近のミーティングはもっぱら3人以上というのがおおくて、そうなるとスカイプ以外のサービスはどこも全然ダメでした。
そしてミーティング中はファイルを送ったり、画像を送ったりするので、その時はFacebookのメッセンジャーをつかいます。
スカイプで話しながら、テキストのやりとりはLINEやFACEBOOKメッセンジャーでやるというのが今の定番ミーティングスタイルです。
以前は単体で頑張っていたスカイプですが、マイクロソフトに買収され、今はMSNのアカウントでサービスを使うことができるようになっています。
ウェブ上で使うのも良いですが、アプリをダウンロードしたほうが安定します。
やはり老舗には老舗の技術的な優位性があるのですね。
さて、今日もまたミーティングします。
ちなみに1対1のビデオミーティングの場合は、FaceTimeで全く問題ないです。
https://www.skype.com/ja/
 

タイトルとURLをコピーしました