ユニクロで買って良いもの悪いもの

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近気づいたら来ている服がほとんどユニクロだったことに愕然としましたが、周りからは全身ユニクロを指摘されたことが無いのがせめてもの救いです。

ユニクロのフリースブームから20年ほどが経ちました。

昔は、チャンピオンの服など、今のジーンズメイトやしまむらとあまり変わらず、他のブランドの服を売っていたユニクロがいつのまにか自社ブランドのみでやっていけるようになるとは少しも思いませんでした。

で、気づいたら、今の着ている服はほとんどユニクロです。

そんなユニクロですが、自分はもっぱらお店にはオンラインで注文した服を買いに行くだけになっています。

お店で選ぶと価格につられてついつい着るかどうか微妙なものまで買ってしまい、結局着ずに捨ててしまうことが多々ありました。

そんな事もあって、今はアプリでじっくり吟味した上で買うようにしています。

気になった服があったら、そちらをお気に入りに入れておき、値段が安くなったタイミングで買います。

今年の夏は、無地のTシャツが気分なので、ヘビーな無地のTシャツがTシャツをよく来ています。

ポロシャツばかりの年もあれば、Tシャツの重ね着ばかりの年もあります。

少しの変化ですが、毎年着る服が変わっているので、高いお気に入りの服を何年も着続けるのは難しくなっていることを年々感じます。

特に年を取ってくると、その年齢では着れたけれど、一年立つと妙に幼く見えたり、逆老けて見えたり、バランスが難しいです。

変に若作りしてるおっさんに見られるのが一番痛いですし。

そう考えると、ユニクロの服だとシーズンでのマイブームが去ると、気兼ねなく寝巻きにしたり、捨てることができます。

ユニクロの服は1シーズン限定で使うようにして、その年の気分をしっかり取り入れていこうとしています。


今回買ったのも、この3点です。ベーシックなTシャツに、麻のシャツだけです。

ユニクロで買って良い服というのは、シンプルでベーシックなアイテムだけで、柄物やプリントTなどは絶対買いません。

今後もこのスタイルは変わらないと思います。

ただ、シーズンに1着くらい勝負服があればそれで良いですね。

高い服に惜しみなくお金を使っていた頃が懐かしいです。

コメント