小豆島から取り寄せてまで使いたい醤油とそうめん

スポンサーリンク

毎年夏は小豆島に遊びに行っていたのですが、今年はいろいろあって行かずに終わりそうです。

それはそれで仕方無いんですが、毎年醤油などを小豆島で仕入れてくるので、それが手に入らないのはちょっと困ったなぁと思い、何気にAmazonのぞいたら、しっかり売っていたのでこちらで仕入れようかなと思っています。

森本商店 小豆島生素麺


ここの素麺食べたらもうほかのそうめん食べれなくなります。素麺なのにものすごいコシがあって、今までの素麺の概念を完全に覆されます。

生パスタに近い食感とも言えます。実際、これでカルボナーラ作ってみるといいよと言われ、作ってみましたが、めちゃくちゃ美味しくできました。小豆島に行った際には工場を訪ねて買っています。

さらに、うどんも販売されていて、こちらは湯で時間が20分ほどですが、これまたコシのある麺です。夏は釜玉にして食べると最高です。

ヤマロクの醤油

ヤマロク 鶴醬 500ml
醤油なんてどこも一緒だと思っていましたが、ここの醤油使うともう戻れません。刺し身用に鶴醤を愛用しています。毎年1年分買ってきます。ちなみにヤマロク醤油は未だに木の樽を使って醤油を作られています。
DSC_1988
工場見学した際に教えてもらいましたが、木の樽で醤油を作っているのは国内でももうかなり限られたところになっているようです。

Amazonでは売っていないのですが、こちらのポン酢も好きなので、何とか手に入れる方法がないかと思ったら、本サイトで通販やっていました。しかも組み合わせ自由の本数売りなので、ポン酢だけでなく菊つゆも購入しようと思います。

小豆島 ヤマロク醤油ホームページ

どうしてもこの小豆島の味だけは大阪でいろいろ探しても見つからなかったので取り寄せてでも使っています。小豆島は小さい島なのに、ほんと食に関してはレベル高すぎです。何とか秋には行って、新米と新オリーブなどを仕入れてきたいものです。

コメント