ScanSnap S1500(4/100)

スポンサーリンク


紙の書類をできるだけ減らしたくて、6年ほど前から「ScanSnap」を使っています。

「Scan Snap(スキャンスナップ)」はいわゆるスキャナーです。

プリンターにもスキャン機能はあるのですが、大量の書類をスキャンするには時間がかかりすぎるので、高速に書類できる「Scan Snap」を導入しました。

ものすごい勢いでスキャンしてくれます。

紙の書類って、原本が必要なものは契約書くらいで、あとはスキャンさえしておけば大丈夫。

自分のところにやって来る紙の書類は、まず必要か不必要かを判断。データで残しておきたいものだけ、「Scan Snap」でスキャンします。

スキャン後、本紙はそのままシュレッダーに行きに。

あとでやろうと思うと絶対忘れるので、基本的に紙の書類をもらったら、その場でやるようにしています。

なので、「Scan Snap」はデスクで常にスタンバイ状態。シュレッダーは足元においており、立たずにすぐ処理できるようにしています。

本棚のスペースも限られているので、読み終えた本で手元に置いておきたいもの以外はスキャンして、クラウドにあずけてどこでも読めるようにします。

ミニマムなものだけで生活していきたい自分には「Scan Snap」は手放せない相棒です。

新しいモデルがどんどん出ているのですが、スキャンの機能に差がほとんどないので、今の所、このモデルが壊れない限りは使い続けようと思います。

結局物持ちが良いものが定番品になってきますね。

スキャンスナップを最初に取り上げた記事が残っていたので、そちらも合わせてどうぞ。

本気で自炊しようと思い「ScanSnap S1500とディスクカッター」を買いました
本や仕事関連の書類等を大量に整理しなければならないと思い、自炊用具として、スキャナーは「ScanSnap S1500」、裁断機は「カール事務器のディスクカッターを」を買ってみました。

やっていることは当時からほとんど変わっていません。

富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500 (両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応)
富士通
¥51,840(2019/09/25 06:23時点)
読取方式: 自動給紙機構(ADF)、両面同時読み取り(自動給紙モード、手差し/単送モード)

コメント