「レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか」を読みました

スポンサーリンク

久しぶりにダメな本にあたりました。

ウィンタースポーツ、特にエクストリーム系のスポーツ大会には欠かせない存在のレッドブルのことは謎が多かったので、手にとってみました。

成功の秘密的な要素を期待したのですが、そういった側面には全然触れられず、いかにレッドブル帝国がすごいかが書かれているだけの本でした。しかも著者がレッドブルを出禁になったのかしらないですが、なんか少し恨み節が入った文章も気に障りました。

あ~、久しぶりにお金と時間を無駄にしてしまいました。

(一応、読んだ本のカウントのためエントリーです)

コメント