20年ぶりに「ぷよぷよ」にハマった

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日出張で泊まったホテルに懐かしい感じのゲームコーナーがありました。

パチンコもどきのゲームやワニワニパニックがあったりと見ているだけでも楽しかったです。

子供の頃は旅館というと必ずゲームセンターがあり、親から少しばかりの小遣いをもらっていかに長く遊ぶかを考えてゲームをしていました。

派手なゲームはすぐに終わってしまうので、自分は割と地味なゲームを好んでいたように思います。

その中でもテトリスとぷよぷよは一度にかなり長く遊べることもあって、特にハマっていました。

ぷよぷよ

「ぷよぷよ」は、4つつながると消えて、敵にその消えたぷよぷよが飛んでいくというシンプルなゲームです。

今回行った宿でゲームコーナーを少しのぞくだけのつもりでしたが、昔はまった「ぷよぷよ」を見つけてしまい、ついつい時を忘れて遊んでしまいました。

クリアしたところで何ももらえるわけでないのですが、負けるとすぎにコンティニューしてしまう。

気づいたら1,500円ほど費やしていました。

なぜ、こんなにぷよぷよにハマったのか。

100円を払っているというのがいい意味で緊張感があったのかもしれません。これを負けるとまた100円かと思うと、変な汗をいっぱいかきながらプレーしていました。

こういうところにゲームセンターのおもしろさがあるのように感じました。

ぷよぷよだけでなく、テトリスもそうなのですが、やりだすとなかなかやめれません。

今どきの高度なゲームは一向にやろうとは思わないのですが、こういったシンプルなゲームはついつい時間を忘れて遊んでしまいます。

ぷよぷよをもっとうまくなりたいと思い、いろいろ探したのですが、手軽にできるものは無いようですね。

プレステ4やDSを買わないとできないようで、なかなかハードルが高いです。

アプリでぷよぷよやテトリスなどのシンプルなゲームがあるかと思って探したのですが、自分がイメージするようなシンプルなバージョンのぷよぷよは見つけることができませんでした。

これだけのためにゲームを買うのもどうかと思うので、悩ましいところです。

次に同じ宿に行った時は100円でもう少しながくプレーしていたいのに、練習の機会を取れそうにないので、また同じようにお金を使ってしまいそうで怖いです。

次回は近づかないようにします。

コメント