Macのメモがかなり優秀なので、Evernoteの出番が減ってきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ちょっとした買い物リスト書いたり、ブログの素材を書いておいたりするのに、MacとiPhoneにデフォルトで入ってる「メモ」アプリを使っています。

以前は、あまり使い勝手が良くないなぁと思っていたのですが、最近はすこぶる調子が良くて、この「メモ」アプリばかりを使っています。他のアプリでもよいのがあるのかもしれませんが、とにかくすぐ起動してくれるところが気に入っています。スマホは常に持ち歩いているので、いつでも思った時にさっと入力ができます。

さらに、音声入力がかなり良くなってきたので、歩きながらでもメモを取ることもできるんですね。そうなると、ますますすぐ起動できるかって大事です。

ただ、歩きながら1人でしゃべっていると完全に危ない人になるので、電話しているふりをしながら、使っています。

同期ができる

「メモ」アプリはiCloud介して同期ができるので、Macで途中まで文章を書いて、続きはiPhoneでというのがストレスなくできます。この辺は他のクラウド系のサービスでも用意されていますね。

Macでメモを使って書くことの一つに、インスタグラムに上げる文章があります。インスタってMacからは上げられないので、これだけはiPhoneを使っています。メモはすぐ同期されますし。自分はまだまだキーボードのほうが長文打つのは早いので、こういった使い方をしています。

フォルダ機能もある

フォルダ機能も用意されているので、メモを整理することも可能です。あまりこまかく分けると探すのがたいへんになるので、こちらはEvernoteとくらべてかなり大雑把な分け方で使っていますが今のところ何の問題もありません。

手書きや写真もあげられる

いつから手書きや写真がアップできるようになったのかは定かではありませんが、かなり便利です。とくに写真を上げて、その説明を残しておきたい時などによく利用しています。仕事していると写真と一緒に説明を残したい時が結構あります。

これだけ「メモ」アプリが便利になってきたので、最近はEvernoteの出番がめっきり減ってきました。減ったというより、役割が変わってきたという感じです。

今は、Evernoteはウェブクリップ、名刺の整理、本の整理が主な用途になっています。

こういったデジタルツールは一度使い出すとなかなか他に乗り換えることがないので、しばらくはこの「メモ」アプリが自分のネタ帳になりそうです。

コメント