寒すぎて死にかけたので、山善の赤外線カーボンヒーター「DCT-J065C」を導入しました。

スポンサーリンク

加湿器を導入して、これで今年は風邪とは無縁と思っていたのですが、酔っ払って帰った日に加湿器を入れ忘れて、すぐに風邪を引いてしまいました。とりあえず、かかりつけの医者に行って、いつもの薬を処方してもらいました。

ま、インフルエンザでなかっただけ、良かったです。

結構ギリギリの攻防を続けていたのですが、三連休を前にしてノックアウトされました。

なので、せっかく更新を毎日続けていたのですが、途絶えてしまいました。

また気にせず、1日1日と続けていくしかないですね。

で、今回風邪になった原因として、オフィスが死ぬほど寒いというのもあるのではないかと思い、電気ヒーターを買いました。

山善の遠赤外線カーボンヒーター「DCT-J065C」


小さいなオフィスなので、窓用エアコンしかなく、足元は寒いとは思っていました。ただ、最近の寒さが尋常では無いので、エアコンの前に立ってみると、完全に寒さに負けており、エアコンから寒い風がでているという分けわからないことになっていました。

で、エアコンを切って、セラミックヒーターだけで過ごしていたのですが、ワット数がでかい割に部屋が全然暖まらないので、電気代ばかりがかかってしまっていました。

何とか、効率的に部屋を暖める方法がないかと探した所、行き着いたのが電気ストーブでした。ほんとは、石油ストーブ系が良かったのですが、灯油をどうやって持ってくるんだとかハードルが高くて断念しました。

電気ストーブを買うにあたって、予算を4,000円以下に設定したので、選択肢は限られましたが、なかなか良いのが買えました。

今までセラミックヒーターを使っていたので、遠赤外線のカーボンヒーターだとあかくなるので、そもそも見た目に暖かい感じがします。


とりあえず、横にこいつがいると暑いくらいなので、今年の冬はこいつで乗り切れるのでは?と思っているしだいです。

コメント