白樺湖ロイヤルヒルスキー場は家族連れにオススメ

スポンサーリンク


土日を利用して白樺湖ロイヤルヒルスキー場に滑りに行ってきました。かなり家族連れにおすすめできるスキー場だったので、オススメポイントと共に紹介したいと思います。

ホテルがゲレンデ目の前


スキー場の中にホテルがあります。ホテルの2階がレストランやレンタル、チケット売り場となっているので、何かと便利です。また、少し疲れたら部屋で休んだりということができます。歩く距離も少ないので、子どもたちからのブーイングも少なくてすみます。


部屋はこんな感じで、運が良ければゲレンデが見える部屋を利用できます。

宿泊料金が安い

スキー場直営のホテルなので、リフト券付きでも1泊1万円前後で泊まることができます。宿泊者用のリフト割引もあるので、ナイターも1,000円で滑ることができました。

アーリーチェックイン&レイトチェックアウト

部屋の空き状況にもよりますが、3,000円払うと12時からアーリーチェックインができ、レイトチェックアウトも3,000円となり、17時まで部屋を使うことができます。小さな子供がいると、授乳したり、オムツを変えたり、部屋が使えるとなにかと便利です。こういうサービスが利用できると本当に助かります。

ナイター営業が遅くまでやっている


子供連れで滑りに来ると親はほとんど自分だけで滑ることができません。でも、白樺湖ロイヤルヒルスキー場なら休前日は夜22時までナイター営業を行っているので、子どもたちを寝かしつけた後に、交代で1時間ずつほど滑ることができたのが良かったです。

クワッドリフトが動いており、なかなか滑りごたえのある距離感です。さらにパークアイテムがナイターでも遊べるのは自分にはうれしかったです。

ソリゲレンデがある

スキー場入ってすぐの所にソリゲレンデが用意されているので、ソリ遊びを気軽に楽しめました。宿泊の場合、ソリを無料で貸してくれるので、ソリを持っていく必要がないのもうれしいです。

チェアリフトがある


チャアリフトって知ってます?自分は全然知らなかったのですが、その名の通り椅子に座るタイプのリフトです。リフトデビューする前の子供達にはこれが大ヒット。スキーの練習に最高でした。やはり板を持って登っての練習は小さな子どもたちにとっては苦痛以外の何ものでもありませんから。

小学生のリフト料金が実質無料

大人1名につき、小学生2人までのリフト券が無料になるキッズプラスプレミアムというサービスがあります。なので、小学生以下はリフト代がかかりません。こういうのはシーズンに何度か滑りに行く家族にはありがたいです。ぜひ続けてほしいです。

晴天が多い

このあたりは、晴天率が高いことでも有名です。あまり晴天すぎても雪がなくて困りそうですが。子どもたちのスキー場デビューが吹雪だったりすると2度としたくないとなりそうなので、晴天率が高いのも大事なポイントです。

ちなみに白樺湖エリアは標高が高いので、ものすごく寒いです。平気でマイナス10度とかいきますので、防寒対策は万全を期すようにしましょう。滑っているとそこまで寒さを感じないのですが、子どもたちと遊んでいると冷えてくるので、貼るカイロなどを仕込んでおくのを忘れずに。

白樺湖ロイヤルヒル – 中央道諏訪インターから約40分!!ゲレンデから0分の直営ホテルあり!!

コメント