カフェで出てくるカラフェのようなブリタの浄水ポット

スポンサーリンク

これで重い水のペットボトルから解放される。

子どもが小さなこともあり、人一倍飲み物や食べ物に敏感になっています。水もそのひとつで、サントリーの奥大山の天然水を毎度苦労しながらかっています。

ただ、自分が飲む分には特にミネラルウォーターでなくてもよいのではと思い、久しぶりにブリタを買うことにしました。

たまたま雑誌見つけたブリタの新しい浄水ポットが良さそうだったので、それにしてみました。

この浄水ポットですが、困ったことに値段がどのサイトでみてもまちまちです。アマゾンだと3,542円で売られており、楽天だと送料別で2,500円くらいからありました。送料考えると、3,000円前後で買えると良いかなぁという感じでした。お店とかで見つけられると安く手に入れられるかもしれません。

結局、自分は楽天のECカレントで購入。本体税込み2,540円に送料540の3,080円で買うことができました。楽天は送料込みの値段で比較できるようにしてほしい。

BRITA(ブリタ) 浄水ポット 1.3L カラフェ型

良い点

スリムで冷蔵庫でも邪魔にならない
以前使っていたものはでかすぎて、冷蔵庫の中でもかなりの場所をとり、邪魔だったので今回のものは引き出しにしっかり収まるサイズ感がナイスです。
見た目がなんとなくおしゃれ
カフェで出てくるようなおしゃれな外観が気に入っています。持ちやすいの良いです。
もうひとつな点

量がすくない
1.3Lなので仕方ないですが、すぐなくなります。なので、こまめに水を追加する必要があります。
カートリッジが高い
こういう商品はカートリッジで儲けているのでしょうがないとは思いますが、3枚で2300円くらいします。1枚あたり750円として、150リッター使えるので、1リッターあたり5円。もう少し安いとうれしい。リッターあたり3円くらいが理想?

まだ数回しか使用していないので、味や濾過性能についてはなんとも言えません。元々、大阪の水道水はおいしいから販売しようとしていたくらいだから、味や成分については特に不満はなかったというのもあります。

水道水を煮沸して、カラフェに移し替えて冷蔵庫でひやす手間を考えると、少しでも浄水してくれるならいいかなぁという程度です。

引き続き、ミネラルウィーターは買う予定ですが、その量はだいぶ減らすことができそうなのが、良いですね。

夏を迎えるこれからの季節に活躍してくれそうです。

コメント