撮るだけエバーノート読書術

スポンサーリンク

本はわりとたくさん読むのですが、なかなかうまく読んだ内容を活用できていない気がしていました。無理に読書で得たものを活用する必要はないという話もありますが、せっかく時間とお金をかけた読書、何とか得るものを残しておきたいと思いますよね。

それで、私も本から得たエッセンスをなんとか身になるものにするために、読書メモをつくったり、3色ボールペンで書き込んだり、付箋をはったり、いろいろな方法を試してみました。

FE SNAPでとりまくる

いろいろな方法を試した自分が最近行き着いた方法は、「本を読みながら気になった箇所があったら、FastEver SNAPというスマホアプリでその箇所を写真で撮る」というものです。注意すべきは、ページ番号と文字が読めるように撮影することくらいです。(ページ番号を入れて撮影するのは後でその箇所を再度読み返す際にすぐアクセスできるようにするため)

本を読み終わったら、表紙も撮影します。表紙の撮影は読み始める前でもいつでもいいです。それからエバーノートを開き、複数枚にわかれている写真をまとめて一冊の本のようにして、本のタイトルをつけます。これでその本の自分が気になったエッセンスのつまった自分だけのダイジェスト版の完成です。もし、読んだ感想やそこから発展して思いついた自分の考えなどがあったら、それもエバーノートに記入しておきます。

これだけです。必要なのはスマホだけで、あとは何もいりません。エバーノートもスマホから操作できるので、スマホからメモや感想も記入できます。

なぜFE SNAPなのか?

普通にスマホのカメラ機能を使ってもいいのですが、僕はFE SNAPが便利だと思っています。FE SNAPが素晴らしいのはアプリ起動後すぐに写真が撮れ、撮影後保存を押すとエバーノートに写真を送ることができる。

しかもファイルサイズが小さいのでアップロード容量の節約もでき、エバーノートの無料版でも結構な枚数の画像を保存することができます。シャッター音がでないこともあって、機内や電車内でもさっと気になった記事をとることができるのもうれしいです。

いつでもどこでもどんなものにも

fereadingk
本を読む時や場所は一定ではないですよね。さらに最近は本のフォーマットもマチマチです。紙の本だったり、電子書籍だったり、電子書籍でもキンドルだったり、日経ストアだったりします。そのフォーマットごとに栞の付け方や付箋の付け方が異なっていて、後で見返そうと思っても「どのフォーマットだったか?」から思い出さないといけなかったりするので、「今」の読書で得たものをその場でまとめておく必要性に迫られていました。

「FE SNAPで撮るだけエバーノート読書術」の場合、スマホさえあればできるので、スマホ忘れた!ということがない限り、どんな時でも使えます。それに新聞にしても、電子書籍にしても撮影してしまえば全てエバーノートに集約されるので、フォーマットに関係なく、自分の読書メモが一箇所に集まります。

まとめ

なんとなくやり始めた「FE SNAPを使った読書術」ですが、今のところ自分の中ではうまく回っています。「あの本で読んだあの一節を企画に盛り込みたい!」というような時でもすぐにその一節にたどり着くことができるようになりました。さらに本をすぐに処分できるようになったという嬉しい誤算もありました。結局1度読んだ本を最初から最後まで読み返すことは殆ど無いことに気づき、この読書術でつくるダイジェスト版で事足りるようになり、名著以外は手元に置かなくなりました。本から得たエッセンスをもっと活用したいと思ったら、一度試してみる価値はあると思いますよ。

コメント