起業家のための時間管理術

スポンサーリンク

起業したての頃は時間を自由に使えることに喜びを感じていましたが、自分で時間を決められると思うとついだらだらと仕事をしてしまい時間に追われるようになっていたことがありました。

それで時間術に関していろいろな本を読んだりして、最近はだいぶ時間に追われることも少なくなってきました。起業家として自分が時間に関して気をつけていることを少しまとめてみました。

忘れることでワンタスクに集中

時間がないないと思うときによくやりがちなのが、「あれもしないと!これもしないと!」といろいろなやることに気持ちが行ってしまい、目の前のタスクに集中していない時です。

だから、ワンタスクに集中するために「今すべきこと以外はすっぱり忘れる!」ことが大事です。

DSC_2397
今すべきこと以外はすべてカレンダーもしくは手帳に書き出します。1日のタスクが多い人はポストイットにでも書いて、カレンダーに貼り付けます。

カレンダーや手帳に書くやるべきことは件名のみにして、必要な資料等は件名と同じポストイットを貼り付けたクリアファイルに入れて、未処理ケースに入れておけば、タスクにとりかかる際にすぐに着手できます。

書き出したらそのことは綺麗に忘れてしまいます。そうすることでワンタスクに集中できます。

「来週に重要な会議があった」や「銀行に支払いに行かないと行けない」とかそんなことは期日まできれいさっぱり忘れて、ひたすら目の前のタスクをこなすようにしましょう。

そうすることで、目の前のタスクを想定より早く仕上げることができます。

時間割をきめる

自分もそうでしたが、起業したてで1人で仕事をしていると、自分の裁量で時間を使えることに喜びを感じたと思います。

しかし、自由に時間を使えると思うと、いつまでたっても仕事が終わらずに不自由になっていたりします。会議や打合せのない自由な時間がたくさんあると思うと結局無駄に時間がすぎてしまって、その日の終わりに「今日何したんだっけ?」となり、凹むことってないですか?

独立して仕事をしていると締切はないけれど、やらないといけない仕事が多くあります。そして、それが頭の片隅にありプレッシャーをかけ続けていて、なんとなく集中できていない。自由なようで実はめちゃくちゃ不自由だったりします。

だから、締切はないけどやらなければいけない仕事は自分でやる時間を決める。やる時間を決めることで自由になれます。

1日の勝負は午前中で決まる

1日のうちで一番集中力が高く、邪魔が入りづらい午前中の使い方で時間は何倍にも増えます。午前中にやるべき仕事をリストアップして、決めた時間までに終わらせる。

付け加えると、朝一番の頭の冴えた時間で、お金を生むための仕事をするべきです。新しいビジネスの案を考えたりするのは断然朝の時間です。

こういう企画系の仕事もしっかりタスクにいれておき、時間を区切って考えるといいアイデアが浮かんだりするから不思議です。だらだらと何時間も考えていても浮かばないようなアイデアがでてくるのも時間を区切っていることもプラスに働いているように思います。

結局、午前中が充実しているかどうかで、その日の満足度が全然違います。午前中だらだら過ごした日ほど後悔することが多くないですか?そういっても、夜飲みすぎたりして、夜更かしして朝が辛い時もあります。

でも、そういう時でも朝はとりあえず起きて、昼寝するようにして、午前中のリズムを崩さないようにしています。

まとめ

時間の管理って何年たっても難しいですね。特に独立して仕事をするようになってからは時間に追い立てられることがないので、時間を気にせず仕事をすることができるのはいいのですが、無駄に時間を使っていることも多くありました。

起業したてのころって、自分の時間=お金くらいに思っていないと、なかなかやっていくのはしんどいと思います。貴重な時間という資源を効率よく投資して、最大のリターンを得られるように時間もお金同様に大事に使いたいですね。

【2019年追記】
4年たった今読み返してもなかなか良いこと書いているなぁと関心しました。午前中の時間の使い方は本当に大事なので、今は朝5時おきを実践しています。

昼までにかなりの仕事が片付くので気持ち的にも非常に楽です。

コメント