電動歯ブラシがいつの間にか「ジレットモデル」に移行していた

スポンサーリンク

前回、歯磨き粉をアパガードに変えたと書きました。

IMG_2837

電動歯ブラシが1,000円?

それもあってもっと歯磨きを進化させようと思い、電動歯ブラシをいろいろ物色していたところ、以前は高価格商品だった電動歯ブラシの値段がかなり下がっているなぁと思いながら見ていると、「ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロール」がなんと1,000円で売られていました。電動歯ブラシが1,000円?安すぎない?ちなみによく調べてみると、どうもネットで盛り上がったようでアマゾンでも2,000円位に値段があがっていた時期あったようです。それも落ち着いてやっと本来の価格になっていたようで、嫁さんの分と2本購入。

充電式も考えたのですが、充電するとなると電気の配線とか考えないといけないのが面倒で、電池式のこちらにしました。ま、安いものだし、使い勝手悪かったら充電式の高級な方に変えればいいかと思っています。

IMG_2838
電池の向きがわかりにくいので間違えないように・・・

1,000円でも全然使えるぞ

使ってみた感想ですが、値段相応に音はうるさいですが、しっかり磨けている感じはします。アパガードの効果もあって、歯の表面はすぐにツルツルになっています。磨き足りないという感じはなくて、手磨きに較べるとやはり手が楽なので、長時間磨いていられます。

電動歯ブラシも「ジレットモデル」に?

それにしても、なんでこんな安いのかと思ったら、電動歯ブラシもとうとう「ジレットモデル」に移行しているようです。「ジレットモデル」とは、カミソリ本体を安く売り、替え刃で儲けるというビジネスモデルです。最近だとプリンターとかがあてはまりますかね。先ほどの「ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロール」もよく見てみると、替え歯ブラシが本体より高く設定されており、いろいろ種類が出ています。とりあえずは、本体についていたものを使いますが、3ヶ月もすれば買い替えないといけないようです。カミソリほど高くは設定されてはいませんが、長期間使うなら多少本体価格が高くても質が良くて、替えブラシが安い電動歯ブラシも検討するのもいいかもしれません。

ただ、電動歯ブラシがどんなものか試してみたいという人にはまず使ってみてから考えてもいいですね。

 

 

コメント