もう海外航空券は航空会社のホームページが最安値な件

スポンサーリンク

これから夏の旅行の準備しようとしているのか、最近友人からよく「航空券はどこで買うのが安い?」と聞かれることが多いので書いておきます。

海外旅行は日系の航空会社に限ります。

タイトル通りなんですが、ツアーは別として航空券とホテルを別々に組合せて個人旅行される人が、航空券を買う場合は基本的に航空会社のホームページから直接買うのが1番安いです。

これは行くエリアにもよるんですが、北米(ハワイ含む)やヨーロッパなどの長距離路線などはほとんどそうです。

こうなった背景にはPEX運賃というのが関係しています。PEX運賃というのは、正規割引航空券のことで、航空会社が出す正規の割引運賃です。

それに対して、いわゆる格安航空券というのは、旅行会社が団体用のレートで安く仕入れたチケットをばらして売っていたのが多く、こういうチケットは市場には出回らないので、旅行会社によって料金もマチマチで、当然のことながら力のある旅行会社が大量に仕入れることができるので、すごい安いチケットを販売できたりします。航空会社にとっては、空席があっても飛行機は飛ばさないといけないので、空気運ぶくらいなら安くても席が埋まってくれる方がありがたいという事情もあってよく出まわりました。

そんな持ちつ持たれつで来たのですが、航空会社の収益がどんどん悪化してきたのとインターネットに登場によって、直販への流れが一気に加速しました。それで登場したので、PEX運賃(正規割引航空券)です。最近では、このPEX航空券の料金がいわゆる格安航空券の値段よりも安くなってきています。

このPEX航空券は旅行会社からも買えるのですが、内輪話すると、このPEX航空券は販売コミッションが0円のものがほとんどです(コミッションがあってもせいぜい1%もないのでは?)。なので、旅行会社は販売してもなんの旨味もないので、発券手数料を旅行者から取っています。

この手数料ですが、航空会社のホームページから直接買うとかかりません。
※電話とか窓口だと発券手数料かかる航空会社もあります。

あと、一部力のある旅行会社は発券手数料がかからないところもあります。
JTBの海外航空券はオンラインで買うと手配・発券手数料がかかりません。
※オプショナルとかホテルが売れれば彼らは帳尻あうのでしょう。

たまに正規割引航空券で安い価格で出ている旅行会社もありますが、手数料とかが最後に乗っかってきて結局割高なことが多く、決済直前でやめたことが過去に何度もありました。

あと、問い合わせしてから空席がわかるまでに時間がかかったりするのも嫌なので、もう友人には直接航空会社のホームページ見るように進めています。

どのエリアにどこの航空会社が飛んでいるかを知るには比較サイトは便利ですが、買うのはもう航空会社のホームページから直接で問題ないですよ。

 

 

コメント