関空からの格安航空会社はジェットスターがオススメな理由

スポンサーリンク

久しぶりに成田にこもって仕事してきました。

一緒に仕事をしている東京のメンバーと会って仕事をするのに、いろいろな場所を試したけれど、今のところ成田がなかなか良いパフォーマンスを出してくれています。で、今回も移動は格安航空会社のジェットスターでした。

関空でのジェットスターの乗り方

ジェットスターの乗り方をちゃんと紹介していなかったので、ちょっと紹介してみようと思います。

関空ではジェットスターは第1ターミナルから

IMG_3352
今のところピーチだけが第2ターミナルを使っており、ジェットスターで出かける場合は第1ターミナルから出発となります。国際線も第1ターミナルからなので、海外旅行で空港からテンション上がるタイプの人は、第1ターミナルを使う格安航空会社を使うのがオススメです。

ウェブチェックインをおこなった場合

いつもは非常口付近の席を取るので、空港でしかチェックイン出来ないのですが、今回は指定しなかったので、ウェブチェックインができました。

なので、空港では、そのまま手荷物検査場に向かうことになります。注意しないといけないのが、ウェブチェックインしたら搭乗券を必ず印刷しておかないといけないということです。忘れたら、チェックインやり直しです。

※搭乗券の印刷については、必須のはずですが、PDFをスマホの画面で見せて乗れたよという意見もあるようです。ただ、印刷しておくのが確実です。今度乗る時実験してみます。

ウェブチェックイン自体は、スマホからでもできます。必要なのは、予約番号と氏名だけです。座席指定をしていなかった場合は、ウェブチェックイン時に席を決めることができるので、早めにウェブチェックインするようにしましょう。

ジェットスターの場合、ウェブチェックインは48時間前から開始となるので、出発時刻の48時間前になった瞬間チェックインするのがオススメです。

関空ではボーディングブリッジで機内へ

IMG_3358
関空から出発のジェットスターの場合、ボーディングブリッジで機内へ入ります。バスに乗らなくていいだけだいぶ楽ですね。

関空ではラウンジを使いましょう

第1ターミナルにはラウンジが用意されています。カード会社運営のものから航空会社運営のものまであります。ゴールドカード以上で入れるところもありますので、事前にチェックしておくといいと思います。

プライオリティパスが使えるKALラウンジへ

世界中のラウンジが使えるプライオリティパスを持っているなら、迷わずKALラウンジへ行きましょう。場所は3階の北側の端っこです。ユニクロがあるので、その横から細い通路を歩いて行くとあります。

IMG_3357
金曜日の昼時だったからか、ガラガラでした。

IMG_3354
こんな感じで、ドリンクや軽食を食べることができます。
IMG_3355
もちろん生ビールもあります。いつも飲み過ぎて飛行機の中でトイレに行きたくなってしまいます。

ラウンジもあって、ボーディングブリッジからの搭乗なので、結構ギリギリまで仕事したり、本を読んだりできるので、関空からの出発は第1ターミナルを使う格安航空会社を使うようにしています。

第2ターミナルはあの椅子の少なさを何とかして欲しいです。ウィラーのバスターミナルでももうちょっとゆったりできたので。

成田空港第3ターミナルがやっかい

成田ではジェットスターはこの4月にオープンしたターミナル3に到着します。もちろん帰りもターミナル3です。ターミナル3自体はきれいでフードコートも充実していて問題無いのですが、一部ホテルの送迎バスが来ないのと、ラウンジが使えないのがかなりネックです。

以前は、成田空港の第2ターミナルを使っていたので、ラウンジも利用でき、さらに降りてすぐにバスに乗れて便利でした。なので、帰りはピーチも検討してみてもいいかもしれません。

ピーチは成田の第1ターミナルを使うので、こちらでもラウンジが使えます。こちらのラウンジがゴールドカード以上で使えるラウンジなので、大したことはないですが、ないよりは全然マシですね。

ただ、第2ターミナルの場合は、降りてからの足がネックになります。リムジンバスも全部が走っているわけではないですし、本数も少ないです。

空港のターミナルにこだわる理由

旅行に行く際、自分にとって空港のどのターミナルを使うかはかなり重要です。最近は空港のショップやレストランもかなり充実してきているので、ギリギリに行ってやきもきするよりは、思い切って早く行くようにしています。それで空港で仕事をしたり、本を読んだりするほうが充実した時間の使い方ができることに気づいたからです。

そういうこともあって、格安航空会社の移動ではありますが、使う空港ターミナルで決めるようにしています。早めに空港にいって、気持ちに余裕がある状態でいろいろ見て回ったり、本を読んだりするのはかなりオススメです。

コメント