情報収集は、FlipboardとPocketが今のベストな組合せ

仕事柄、多くの情報収集する必要があり、色々試していますが、最近のお気に入りの組合せがFlipboardとPocketになっています。
以前は情報ソースというか流れが少なく、RSSリーダーで十分だったのですが、最近は、twitterやFacebookからの情報もあり、あっちこっちを見ないといけない状況でした。
そんな状況に追い打ちをかけるように、googleリーダーの終了の情報が入ってきたりでいよいよどげんかせんといかんとなりました。

Flipboardが情報の一元管理に最適だった


出た頃は単に綺麗に情報が見れるなぁくらいしか印象のなかった「Flipboard」を情報の一時集約場所にできないかと思い使い出してみたところ、思ったよりうまく言ったので、その方法を紹介します。
まずは、フリップボードを入れます。
Flipboard: あなたのソーシャルマガジン – Flipboard Inc.
で、僕は以下を設定しています。

  • Facebook
  • Googleリーダー
  • twitter
  • instagram

おすすめされているニュースフィード等はあまり入れていません。情報がたださえ多いので。
メンズスタイルとかはたまにみますが・・・
ただ、Googleリーダーには、Googleニュースのフィードを取り込むようにしてあるので、これでだいたい必要な情報が揃います。
Twitterはリスト単位でも登録できるので、取り込むべき情報はリスト化して、それを登録してみています。
最近、情報発信元が多様になっていたので、常にいろいろなアプリをあけて、見に行っていたのが、Flipboardで全部済むようになったのは、本当に楽です。
ただ、FACEBOOKのリスト機能だけは、まだAPIが公開されていないようで、これだけは見に行かないといけないのが残念です。
これが対応してくれるとFACEBOOKアプリもあけずに済むのに・・・
で、少しでも気になった情報は、非公開の雑誌を作って、そこに容赦なく放り込んで行きます。これで自分の気になる情報が一元管理できちゃいます。

FLIPBOARDからPOCKETへ気になる情報をパス

移動が多い自分は、雑誌化だけでなく、「Pocket」に後で読みたい気になる情報を放り込んでおきます。
Pocket – Read It Later, Inc
そうすることであとで見ることができます。
Pocketは記事をダウンロードしておけば、オフラインでも見ることができるので、飛行機などの移動時間中にも見ることができます。
とりあえず今のところこの2つのアプリで膨大な量の情報はさばけています。
 

タイトルとURLをコピーしました