「Facebookバカ」を読んでみました

スポンサーリンク

フェイスブックって、使えてるようで使いきれていない気がしたので、読んでみました。

自分がFacebook音痴になっていなかと思いながら、読みましたが、著者のいうダメな人にはなっていなかったので少し安心しました。

本書の内容は、Facebookの基本説明という感じでした。新しい発見として、アルバムの機能とノートの活用、友達リストの非公開くらいでした。副題にある友達を365日楽しませる方法という視点ではあまり参考にならなかったように思います。

1日に何回も投稿するより、自分の近況報告であったり、参考になる記事を配信するくらいで十分Facebookはいいかなぁと思います。ただ、著者のいうリアルに会う人とのコミュニケーションの補完ツールというのは激しく同意です。

著者の本ではipadバカのほうがおすすめです。

コメント