ダイソーの積み重ねボックスは高さのある引き出しにこそ使いたい

スポンサーリンク

あいかわらず部屋の片付けにハマっている夏休みです。ちょっと前のブログで整理について書きました。

ものを減らすことで豊かになる気がする
子どもができてから、どんどんモノが増えていき、その度にイケアで収納家具を買っていることにそろそろ疲れてきました。お盆に一念発起して、子どもたちと一緒に片付けをしたので、その方法を紹介します。

やっと収納用品を買う段階になり、無印良品の化粧ボックスにそっくりなダイソーの積み重ねボックスを買ってきました。

ダイソーの積み重ねボックスのサイズ

ダイソーの積み重ねボックスは豊富なサイズ展開なので、組み合わせて使うと引き出しや棚などがスッキリ整理できます。

無印良品にも同じような商品があり、そちらで揃えようと思ったのですが、こちらは積み重ねることができないことがわかり、ダイソーの積み重ねボックスにしました。


今回購入したのは以下のサイズです。

  • 大・浅型(サイズ):幅15cm x 奥行き22cm x 高さ4.5cm
  • 大・細型(サイズ):幅7.5cm x 奥行き22cm x 高さ4.5cm
  • 小・仕切り付き(サイズ):幅15cm x 奥行き11cm x 高さ8.6cm

どこに使ったのか・・・

まずは子どもたちの引き出しの整理に使いました。子どもたちにそれぞれ引き出しを用意したのですが、結構深い引き出しのため、上のスペースがうまく使えずにとりあえず突っ込むような使い方になっていたので、そちらの解消からスタートです。

引き出しの高さが10cmほどあるので、4.5cmのものを2つ重ねて使うことで、無駄なスペースを無くすことができました。下のスペースには、あまり使わないものや文房具のストックなどを入れるようにしています。

あとは、ダイニングテーブル横についた引き出しは深さが18cmほどあるので、こちらを有効活用するためにもさらに買い足していく予定です。

100均といえども、ボックスを無駄にしないために、買いに行く前にしっかり置き場所のサイズを確認して、どのサイズをいくつ買うか書き出しておくのを忘れずに。

コメント