BOOK

BOOK

もう日本は遅れた国なんだと実感した「二〇二五年、日中企業格差」

中国によく出張に行く友人から、最近の中国の発展ぶりをちょくちょく聞いていました。友人曰く、ここ3年位で完全に逆転したと言われて、中国のことをもっと知っておかないとと思い、手にとったのが「二〇二五年、日中企業格差」という本です。
BOOK

「教養としてのテクノロジー」を読んで、お金で買えないものの価値を知った

ネットに関連することだけでなく、今どんなテクノロジーが登場しているのかをざっくり把握しておきたいと思い、MITメディア・ラボ所長である伊藤穰...
BOOK

真面目に本を読むすぎる人は必読な「遅読家のための読書術」

年間50冊程度しか読めない遅読家の自分でももう少したくさん本を読めるようになりたいと手にとったが、「遅読家のための読書術」という本でした。著者は毎日書評を書き続けるために、1日に2冊のペースで本を読んでいます。年間だと実に700冊を読んでいることになります。
スポンサーリンク
BOOK

「おしゃれと無縁に生きる」を読んで、信頼こそ最も価値があることに気づいた

今回読んだのは、「おしゃれと無縁に生きる」という本です。GOETHEという雑誌で連載されたコラムを集めた本ですが、短い文章ですらすら読めてしまいます。ブログを書くのが恥ずかしくなるくらいその文章のうまさにやられてしまいます。
BOOK

天草エアラインの復活「日本一小さな航空会社の大きな奇跡の物語」

天草エアラインは、保有機体1機の日本一小さな航空会社です。ただ、税金で作られた地方の航空会社だけあって、そのダメっぷりと言ったらひどいものでした。そこへ、JAL出身の著者である奥島透さんが社長につき、この天草エアラインを復活させます。「日本一小さな航空会社の大きな奇跡の物語」はそんな天草エアライン復活の物語です。
BOOK

生涯現役で働くためにも起業しよう

生涯現役で働くために中年起業をすすめる本を読みました。「半分、青い」の律のような心境にも似たところがあり、中年に差し掛かった自分にも通じる新たな起業について紹介したいと思います。
BOOK

妻とうまくやっていくための15の方法

特に悪いことをしたわけでもないのに不機嫌。家が居心地悪くてついつい会社でだらだらと残業をした記憶が自分にもあります。不思議に思い、「なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか?エイリアン妻と共生するための15の戦略」という本を読んでみました。
BOOK

おっさんこそ服に少し気を使うだけで全然印象が変わる

いつの間にかいい年になっていたのですが、未だに大学生の時に裏原で買ったTシャツを大事に持っていたりします。 同窓会や子どもの行事で保護...
BOOK

仮想通貨と未来のお金の話

仮想通貨に関しては一度しっかり勉強したいと思っていたところに、堀江貴文氏の仮想通貨に関する本「これからを稼ごう」をたまたま書店で見つけたので、さっそく読んでみました。
BOOK

雇用なしで生きる-スペイン発「もうひとつの生き方」への挑戦

ルポ雇用なしで生きる-スペイン発「もうひとつの生き方」への挑戦という本を最近読みました。失業率がめちゃくちゃ高いスペインでは、資本主義とは距離置く層が出始めています。
BOOK

もうインプットは十分なので、アウトプットに力を入れよう

成毛眞さんの「黄金のアウトプット術 インプットした情報を「お金」に変える」という本を読みました。本書を読むような、今の30代以上はインプットは十分すぎるくらいしているので、これからはどんどんアウトプットしていくべきで、その具体的なアウトプット方法が紹介されています。
BOOK

「工作図鑑」でまた作る楽しさを知った

今回子どもたちから買ってほしい本のリクエストとして上がってきたのが「工作図鑑」という本です。
BOOK

「人生を変えるモノ選びのルール」を読んで自分のモノ選びルールを考えた

モノグラフというブログは読んだことなくて、たまたまアマゾンのおすすめでてきた「人生を変えるモノ選びのルール」を読んでみました。
BOOK

【2018年4月に読んだ本】やっぱり整理整頓が基本

2018年4月は5冊の本を読んでいました。どんな本を読んだかをダイジェストで紹介します。特にテーマを設けていなかったのですが、自分の今の仕事のやり方で良いのかと疑問に思うことが多かったので、その辺りを中心に読んでいたように思います。
BOOK

経営者こそ家計簿をつけるべき理由「年収200万円からの貯金生活宣言」

今回読んだのは、家計再生コンサルタントの横山光昭さんの「年収200万円からの貯金生活宣言」という本です。少しでもお金と仲良くなりたいと思い、読んでみました。 家計再生のプロが書いた本だけあって、自分にもできそうな貯金の方法が書かれています。読み進めるうちに、これは自営業者が自社の会計にも使えるのではと思いました。
スポンサーリンク