BOOK&MOVIE

BOOK

40歳からの会社に頼らない働き方【書評】

40歳定年を提唱する柳川範之さんの「40歳からの会社に頼らない働き方」という本を読みました。 本書では、会社に頼らない働き方と...
BOOK

鬼速PDCAは、なかなか目標にたどり着けない人にほど読んでほしい【書評】

冨田和成氏の「鬼速PDCA」という本を読みました。PDCAとは、言わずとしれたPlan,Do, Check,Actの略であり、生産管理現場などで使われるフレームワークです。今さらPDCAという印象だったけれど、自分はPDCAのことを何もわかっていないというか、活かすことができていなかったことに気付かされた一冊でした。
BOOK

「1冊読み切る読書術」で、アウトプットを意識した読書術を実践【書評】

今年に入って「読みたいけれど読めない」という時期が少し続いていたので、読書の勢いをつけるために齋藤孝さんの「1冊読み切る読書術」とい...
スポンサーリンク
BOOK

座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋【書評】

オフィスのレイアウトを変えたことで少し気分が上がったこともあり、その流れで「座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋」という本を読みました。本書は貧乏神が取り付いて離れない不幸な主人公が、その貧乏神の教えの反対をすることで、不幸から抜け出すというストーリーになっています。
BOOK

狭小邸宅(新庄 耕)を読んで、営業の奥深さを知る【書評】

建売住宅の営業をテーマにした「狭小邸宅」という小説、かなり読みやすくて1時間半ほどで読了。 こんなブラックな企業は今だったら一...
BOOK

トヨトミの野望(小説・巨大自動車企業)書評

トヨタ自動車の闇を描いた小説「トヨトミの野望」を読みました。小説だから読める臨場感のある ここまで企業の裏側に染まった迫ること...
BOOK

もう日本は遅れた国なんだと実感した「二〇二五年、日中企業格差」

中国によく出張に行く友人から、最近の中国の発展ぶりをちょくちょく聞いていました。友人曰く、ここ3年位で完全に逆転したと言われて、中国のことをもっと知っておかないとと思い、手にとったのが「二〇二五年、日中企業格差」という本です。
BOOK

「教養としてのテクノロジー」を読んで、お金で買えないものの価値を知った

ネットに関連することだけでなく、今どんなテクノロジーが登場しているのかをざっくり把握しておきたいと思い、MITメディア・ラボ所長である伊藤穰...
BOOK

真面目に本を読むすぎる人は必読な「遅読家のための読書術」

年間50冊程度しか読めない遅読家の自分でももう少したくさん本を読めるようになりたいと手にとったが、「遅読家のための読書術」という本でした。著者は毎日書評を書き続けるために、1日に2冊のペースで本を読んでいます。年間だと実に700冊を読んでいることになります。
BOOK

「おしゃれと無縁に生きる」を読んで、信頼こそ最も価値があることに気づいた

今回読んだのは、「おしゃれと無縁に生きる」という本です。GOETHEという雑誌で連載されたコラムを集めた本ですが、短い文章ですらすら読めてしまいます。ブログを書くのが恥ずかしくなるくらいその文章のうまさにやられてしまいます。
BOOK

天草エアラインの復活「日本一小さな航空会社の大きな奇跡の物語」

天草エアラインは、保有機体1機の日本一小さな航空会社です。ただ、税金で作られた地方の航空会社だけあって、そのダメっぷりと言ったらひどいものでした。そこへ、JAL出身の著者である奥島透さんが社長につき、この天草エアラインを復活させます。「日本一小さな航空会社の大きな奇跡の物語」はそんな天草エアライン復活の物語です。
BOOK

生涯現役で働くためにも起業しよう

生涯現役で働くために中年起業をすすめる本を読みました。「半分、青い」の律のような心境にも似たところがあり、中年に差し掛かった自分にも通じる新たな起業について紹介したいと思います。
BOOK

妻とうまくやっていくための15の方法

特に悪いことをしたわけでもないのに不機嫌。家が居心地悪くてついつい会社でだらだらと残業をした記憶が自分にもあります。不思議に思い、「なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか?エイリアン妻と共生するための15の戦略」という本を読んでみました。
BOOK

おっさんこそ服に少し気を使うだけで全然印象が変わる

いつの間にかいい年になっていたのですが、未だに大学生の時に裏原で買ったTシャツを大事に持っていたりします。 同窓会や子どもの行事で保護...
BOOK

仮想通貨と未来のお金の話

仮想通貨に関しては一度しっかり勉強したいと思っていたところに、堀江貴文氏の仮想通貨に関する本「これからを稼ごう」をたまたま書店で見つけたので、さっそく読んでみました。
スポンサーリンク