薄毛が坊主にするタイミング【2019週刊MAW29】

スポンサーリンク

坊主にしてから早いもので2ヶ月が経ちました。まわりもだいぶ慣れてきたようで、最近はあまり驚かれなくなったように思います。

薄毛の自分が坊主にしてみて思ったことなどを紹介。

ハゲが坊主にしてみて

坊主頭にしてから、よく聞かれるのが、「なんで坊主にしたの?」という至極当たり前の質問です。

令和に改元するタイミングが、自分にとっては坊主にする良いタイミングだったからとか言っていますが、単純にハゲてきて、もうどうしようもなくなったからが正直なところです。

実際坊主にして2ヶ月ほどたった感想としては、

もっと早く坊主にしておけばよかった

と心から思います。

何が良かったって、ハゲと坊主はほぼ一緒の扱いを受けるということです。

坊主かハゲかなんて周りはなんとも思ってなくて、髪が短い人で終わりです。

自分が思っているより、人は自分のことなんて気にしてないんですよ、ほんとうに。

初めて会う人はほんと違和感ないようで、自分の印象は坊主頭のおっさんで終わりです。

帽子をいつでも脱げる

残った毛をすこしでも多く見せようと髪型で調整したり涙ぐましい努力をしていましたが、そんなことを一切考えなくて良くなったのが坊主頭の良いところです。

帽子をかぶっていると見るも無残に少ない毛が頭に張り付いて、ハゲ散らかした状態になっているので、どんな場面でも帽子が脱げないようになっていました。

坊主だとまったく気にしなくて良いので、どこでも帽子脱げます。

海もプールもこころから楽しめます。

坊主にしようか悩んでいる薄毛の人がいたら、タイミングなんて気にしないで、今すぐやるべきだと断言できます。

手入れはまめに

今時分の坊主頭は1mmで刈っています。

ほぼスキンヘッドなのですが、2,3日ですぐ伸びてきます。

1mmと3mmだと見た目が明らかに違います。

3mmだとハゲになるので、常に1mmをキープしておく必要があります。

面倒ではありますが、自分も3日に1度は刈るようにしています。

それだけが少し面倒な点ですが、ひげ剃りの感覚でやっていくしか無いかと思っています。

坊主についてえらく熱く語りましたが、薄毛で悩んでいる誰かのお役に立てれば幸いです。

(追記)

薄毛ネタを書いたら、広告にソフトバンクが出るとは、どんなミラクル?
孫社長に失礼だろ!

大阪空港近くの土手【今週の一枚】

金曜日の仕事が早く終わったので、子どもたちを連れて大阪空港近くの土手に車で行ってきました。

夕日がめちゃくちゃキレイだったので思わず撮った一枚です。

こんな写真が撮れるとは、iPhoneのカメラ性能には驚きです。

コメント