飛行機の条件付きや欠航時は空港に行く前に変更する【2018週間MAW49】

スポンサーリンク

ついに12月が始まりました。1年で最もあっという間に終わってしまう月なので、仕事など優先順位をつけて、どんどん終わらせていかないとなぁと思っています。

今週の気になったことやもの:飛行機は空港に着く前に変更すべき

そんな忙しい12月にもかかわらず、先週末より北海道に家族で旅行へ行ってきました。

旅行に行くとブログの更新が滞っていしまうのは良くないですね。次回への課題です。

今回の旅行ですが、ふっこう割を使ってかなり安く行けたのですが、出発日の飛行機が欠航となり、かなり大変でした。

新千歳空港が強烈な寒波のおかげで、もともと条件付きのフライトでした。

実は、条件付きフライトになる連絡が前日に来ていました。

本来であればこの時点でうごいておかなければいけませんでした。

自分が予約したフライトは、12時台だったのですが、条件付きフライトの場合、変更等の手数料が無料なので、ここで朝早めのフライトに変更しておけば、たどり着けていたのです。その点が、すごく悔やまれます。

空港でも大阪に引き返す可能性があることを伝えられ、いちおう当日飛行機は出発しました。

ただ、新千歳上空まで行ったものの降りられず結局引き返すことに。

フライト時間が4時間と国内線とは思えない距離のフライトをするはめになりました。これだけの苦行にもかかわらずマイルは当然つきません。

空港で振替の案内の紙をもらって、自分で振替です。

飛行機が欠航となると、カウンターに並んでいる様子がテレビで映し出されていて、自分も並ぶのかなと思っていたのですが、並ぶ必要はなかったです。

今回の旅行はANAスカイホリデーで予約していたので、そちらに電話すると飛行機の変更や現地での手配の変更等すべてやってくれました。こういう時は大手の旅行会社に頼んでおいてよかったと心底思います。

空港行ってから手を打っていたのでは遅いことを今回の旅で学びました。

自分の場合、条件付きと出たからといって飛べなかったことは実は一度もなく、今まで多少の遅れは合ったとしても必ず目的地に着けていたことが、判断を鈍らせました。

飛行機を使った家族旅行の場合、早めに判断して、早い便か遅い便に変更することが大事ですね。

今週買ったもの:HEADのスキー板


自分の板ではないのですが、妻の板がそうとう古くなっていたので、今回の旅行を機に買い替えました。

旧モデルですが、高級な板がかなりお値打ちになっていたので、こちらにしました。

オールマウンテンモデルでパウダーもゲレンデもどちらも楽しめます。

今週の1枚:札幌のテレビ塔

大通公園から見たテレビ塔です。最終日は札幌で過ごしたので、夜ご飯あとに少し散歩してみました。札幌在住の友人でもこの日は寒いと言っていたので、自分には極寒でした。

ただ、きれいなイルミネーションも見られて本当に良かったです。

楽しかった旅行も終わったので、年末年始休みまで、フルで仕事を終わらせたいと思います。

コメント