【2018週間MAW36】創業者の「私の履歴書」が面白い

スポンサーリンク

9月も第2週が過ぎました。先週は台風の影響をもろに受けて、なかなかたいへんな1週間でした。人生で初めて停電が3日続き、体力的にも精神的にも参った週でした。9月からはいろいろと本腰を入れて動こうとしていたのですが、くじかれたしまった格好です。早く復活しないとあっという間に9月も終わってしまいそうです。

今週の気になったことやもの:創業者の「私の履歴書」が面白い

日経新聞は昔から購読していますが、最近はもっぽら電子版をスキマ時間に読むようにしています。しっかりと取材されてから文章にされた新聞の内容は読み応えがあり、ネットの無料の情報では得られない情報をえるソースとして活用しています。

9月に入ってからそんな日経を読む楽しみが一つ増えました。

朝刊の最終ページの「私の履歴書」というコーナーです。1ヶ月をかけて、著者の半生を振り返るというもので、ビジネスで成功した人から芸能人まで顔ぶれは多彩です。

9月からの私の履歴書は、すかいらーく創業者の横川竟(きわむ)さんが書かれています。

1回目から社長を解任された話から始まる私の履歴書もなかなか読めないのではないでしょうか?

すかいらーくを1代で築き上げ、そして解任まで話は尽きなさそうです。

過去には、ニトリの創業者である似鳥昭雄氏が書かれた私の履歴書も抜群に面白かった。

彼らに対して、サラリーマン社長の私の履歴書は抜群につまらない。

どこか自慢話に聞こえてしまうのはなぜでしょう。どうも話が薄っぺらいというか、当たり障りがなさすぎて、いつも途中で読むのを挫折してしまいます。

横川さんの「私の履歴書」はまだ3分の1ですが、これからどんな困難が待ち受けているのか楽しみに読んでいきたいと思います。

今週買ったもの:酔鯨


日本酒が結構好きで、ビールの後に飲んでいます。こちらは食中酒として買った高知の「酔鯨」です。原料米である五百万石の甘さとキレの良い酸味で、どんな料理にも合いました。

ゆっくり飲もうと思っていましたが、あっという間に飲み干してしまいました。

今週の1枚:湯河原駅


仕事で湯河原に行ってきました。昔の温泉街という印象でしたが、駅がものすごくきれいに整備されていました。湯河原にしても、熱海にしても一時寂れた温泉街が最近はどんどん復活してきていると聞きます。今までと違ったやり方のホテルが増えていることもその要因としてあげられるようです。

この辺りの地方再生にはものすごく興味があるので、もう少し調べてみたいと思います。

コメント