【2018週間MAW34】90年代を振り返る

スポンサーリンク

8月最後の週末ですが、異様に暑かったですね!子どもたちもラストスパートとばかりにいっぱい遊んでいました。

今週の気になったことやもの:SUNNY 強い気持ち・強い愛

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」という映画が8月31日に公開となります。

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』
珠玉の90年代J-POPと超豪華キャスト陣の競演で贈る、最強の“笑って泣ける青春音楽映画”が誕生!映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』2019年5月22日、ブルーレイ&DVDリリース!

日本中の女子高生がルーズソックスを履き、空前のコギャルブームに沸いた90年代、そんな時代に青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ「サニー」のメンバー6人は、20年以上の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた。 専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンにおかされていた……。
「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」。
芹香の願いを叶えるため、奈美が動き出す。
裕子、心、梅、そして奈々……、かつての仲間は無事、芹香の前に再集結できるのか?

90年代が青春ど真ん中だった自分にとって、懐かしいやら切ないやらいろいろな気持ちが蘇ってくる内容です。

ポケットベルに始まり、携帯電話が普及してなど、エポックメイキングなできごとが多かったのもこの辺りの時代です。

最近部屋を掃除していて、その頃の写真がいっぱい出てきました。今みたいにデジタルではなかったので、ネガがあり、紙焼きの写真が大量にありました。少しずつデジタル化しようとしていますが、なかなか進みません。こちらはこのままでも良いかなぁという思いがあるので、方法を変えて保管しようかと思っています。

アルバムに入れるのは最低限にして、あとは、プラスチックケースに入れる予定です。

画像の荒いプリクラやチェキで撮った写真なども同じように大量にでてきました。最近また写ルンですなどが流行っていると聞ききました。写真を取るという行為が特別から日常になったのもこの頃だったのでは無いでしょうか?

カラオケや飲みに行くのにもいつもカメラを持ち歩いていました。「写真渡したいから連絡先教えて」という古典的な口説き文句をつかっていたのも懐かしいです。

TOMYのXiaoというおもちゃみたいなカメラがあったり、ポラロイドのSX-70シリーズが人気でたのもこの頃です。
SX-70はebayでのインターネットオークションを初めて利用してアメリカから手に入れたものです。

90年代後半はインターネットがどんどん生活に入ってきた時期でもあります。

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」が公開されたら、昔に浸りに行ってみようかと思っています。

今週買ったもの:100均のディスプレイクリーナー


ダイソーでたまたま見つけたのがこちらのディスプレイクリーナー。自分は手のひらが大量の汗が出ており、スマホの画面はいつでも脂がついています。ティシュで拭くくらいではこの脂は取れないので、こういうクリーナーを待っていました。

ウエットティッシュっぽいのですが、拭いてしばらくするときれいに水分が蒸発するので、2度拭きする必要もなく、きれいになります。100枚で100円なので、気兼ねなく使えるのも嬉しいですね。細いケースでじゃまにならないデザインも良いです。デスクに常備しておきたい一品です。

今週の1枚:秋の夜長


残暑というには暑すぎる日が続いていますが、夜暗くなるのは早くなりましたね。いつもの夕暮れバーベキューもあっという間に暗くなりました。花火を楽しんだり、夏を最後まで満喫したいと思います。

コメント