1歳半子連れ ハワイ旅行 予約編Vol.2

スポンサーリンク

前回の予約編Vol.1がかなり長くなった割りに、まだ飛行機とホテルしか予約できてないので、他の旅のパーツを紹介します。

念のため、1歳半子連れハワイ旅行 予約編Vol.1はこちらです。

ホノルル空港からの送迎

次に僕が予約で悩んだのが、レンタカーと空港からの送迎をどうするかでした。
結論から言うと、空港からホテルまでは送迎バスをお願いし、途中でレンタカーを借りました。

友人の結婚式があったので、途中使わない日が2日ほどできるので、もったいないかと思って、やめておきました。
滞在日数が短い方は、空港から借りてもいいかもしれないです。

送迎バスですが、たくさんあるようでそれほどなくて、HISさんがやってるものを頼みました。
【HISハワイ】指定ホテル↔ホノルル国際空港

往復で、1人30ドルだったので、二人で60ドルほどです。

レンタカーはホテル内で

続いて、レンタカーですが、これはいっぱいあって悩みました。
なので、これは泊まるホテルによってレンタカー会社を使い分けた方がいいです。

僕が今回お世話になったのは、ヒルトン内で借りられるハーツレンタカーでした。

ハーツレンタカーで直接予約しようかと思ったんですが、ウェブサイトがわかりにくかったので、HISで申込みました。借り方から返し方まで結構詳しく説明されているので、参考になりますよ。

2019年追記
ハーツではなくナショナルレンタカーに変更になっています。
National(ナショナル) ヒルトンハワイアンビレッジ 車の借出から返却まで | H.I.S.海外レンタカー


今回借りた車、カローラでしたが、日本のよりちょっとサイズ大きい気がしました。

ハーツ以外だと、ダラーレンタカーはサイトもわかりやすくてよかったので、悩みました。
あと、バジェットレンタカーは安いんですが、いつも混んでいるイメージがあってパスしました。

レンタカーを借りる際は、チャイルドシートを頼んでおくのを忘れないようにしましょう。

【参考リンク】

行く前の旅行準備としては、このくらいかなぁ。
あとは、細かい準備ですね。これは、結構いろいろやりました。
子供いてもいなくてもやっておいて良かったことだけですが・・・

ネット環境の用意

まずは、現地でのインターネット環境をどうするか?スマートフォンなので、パケ死するので、海外定額プランか、wifiでの接続になります。
海外でもパケ・ホーダイプランが各社から出ていますが、どこも1日1980円で、1週間もいるとそれだけで15000円ほどになってしまうので、今回はポケットwifiを借りていくことにしました。

グローバルデータという会社の海外wifiを借りたのですが、なぜかエクスペディアで借りたほうが手数料とか安くなるので、そちらで借りました。そういうサイトがエクスペディアだけでなく他にもあるようなので、「海外 wifi」とかでググって比較したほうがいいです。

エクスペディア【旅得サービスというメニューにあります】

これで、電話はLINEとかViber使えば日本とも通話できるし安くあがりました。

他にはアプリも入れておきました。

JCBの「ハワイガイド」というアプリが結構役に立ちます。お店の情報だけでなく、クーポンなんかも付いているので、ちょっと得できます。日本人に人気のあるお店はひと通り入ってますよ。無料です。

海外旅行に役立つJCBスマートフォンアプリ

あと、クレジットカードもこの旅行を機にちょっと変更しました。
プライオリティ・パスが付いているクレジットカードを探して、それにしました。
プライオリティ・パスは、世界600以上の空港ラウンジが使えるカードです。出国審査後にあるラウンジは基本的に利用予定の航空会社の上級会員か、ビジネスクラス以上でないと使えないんですが、プライオリティパスを持っていれば利用できます。ちなみにホノルルではさくらラウンジに入れました。アメリカン航空のラウンジがJALと共同だったからでしょうね。

IMG_4222

小さい子供を連れいているので、飛行機の待ち時間に少しでもゆっくりできるスペースが確保できるのは本当に助かります。保険代や家族会員のことを考えるとすぐに元取れる気もしたので。ちなみに国内でLCC使う際もよくラウンジを利用しています。ゴールドカードが増えて、一般ラウンジが混んでいるのも変えた理由ですね。

僕は、MUFGのプラチナにしましたが、楽天プレミアムカードなら10,500円の年会費でプライオリティパスがついてくるので、めちゃくちゃお得です。しかも今なら12,000ポイントもついてきます。

かなり宣伝くさくなりましたが、ラウンジが使えるのは、子連れ旅行には本当に助かることは確かです。

コメント