100円ノート「超」メモ術でもう迷いがなくなった

スポンサーリンク

早く読んでおけばよかったなぁと思う本に年に何冊か出会います。

今回読んだ『100円ノート「超」メモ術』はまさにそんな本です。

今まで手帳術だの、メモ術だの散々読んできました。さらに、パソコンとの連携をさせたりとかほんと色々試して来たんですが、どれもなんかややこしくて長続きしませんでした。この『100円ノート「超」メモ術』はすごいシンプルなルールなんですが、その使い勝手の良さは今まで試したやり方の中で今のところ1番です。

ちなみにPCとはペーパーコンピューターの略です。

なんだかんだでアイデアを出す時は紙の上でしかでてこない自分にはこのメモ術は最強です。著者がパソコンの限界と読んでいるように人間の脳のほうがそれはそれは高度な処理ができます。

ただ、その高度な処理を脳みそにさせるには、できるだけ頭のなかを軽くしておく必要があります。著者はそのためにどうメモを取っていけばいいのかに絞って、このメモ術を開発されたので、ものすごくよくできた仕組みです。

他の1冊のノートにまとめなさい系の本とはレベルの差がありすぎます。
それくらいインパクトがありました。

なぜか著者はタクシードライバーもやっていて、パソコンが買えなくて、このペーパーコンピューターに行き着いたという嘘か真かわからん話もあって、その辺りも好感が持てます。

この本読んでから、どこ行くにもノートがポケットに入ってます。

世界最軽量で最高スペックのPCだと思いますよ。

ちなみにノートはAPICAがおしゃれでやすかったので、それにしました。

 

 

コメント