計画と無計画のあいだ—「自由が丘のほがらかな出版社」の話

スポンサーリンク

ミシマ社って全然知らなかったのですが、出版されている本を聞いたら「あ~あの本の出版社かぁ」という感じです。

ビジネス本とはまた違うミシマ社の今までとこれからがよく分かる本です。
会社設立とかの参考にはならないかもしれないですが、何かをはじめるきっかけにはすごく良い本だと思います。

そもそも、個人的には起業するのに本は参考程度にしかならないと思っているので、むしろこれくらい面白いエピソードとともに起業から今に至るまでを紹介されているほうがいいように思います。

無計画だけど、ブレない

無計画なように著者は書いてますが、たぶん信念がしっかりされているから大きなブレがないんじゃないかなぁと思います。
ブレない経営は相当難しいと思うので、そういう意味では、計画的?なのかもしれないですね。

ただ、これからはブレずにこつこつやっていく会社って強いと思います。

編集者でもある著者の文章はすごく読みやすくて、しかも面白いので、あっという間に読めます。

コメント