粉末洗剤と液体洗剤の使い分け

スポンサーリンク

最近もっぱら洗濯の担当も自分になりつつあります(涙)

で、タイトルのよう素朴な疑問がわいてきました。

粉末洗剤と液体洗剤、どっちの洗剤使えばいいの?

IMG_3589
うちの家には、液体と粉末の洗剤が2つ用意されています。自分が独身の頃は、粉末なんて洗剤カスが残るだけで、百害あって一利なしと思って液体派でした。

子供用に無添加のものをということで、界面活性剤が入っていない体に良さそうなサラヤの粉末洗剤があると思っていたんですが、どうやら汚れによって使い分けがあるようです。

泥は粉末、脂は液体

結論から先に書くと「泥汚れには粉末洗剤、皮脂などの汚れは液体洗剤」という使い分けがあるようです。自分の服は大量の皮脂で汚れまくりなので、液体洗剤一本で来たのは間違ってはいなかったようです。

アルカリ剤と界面活性剤

洗剤の成分は「アルカリ剤」と「界面活性剤」が主成分ですが、この配分量が粉末洗剤と液体洗剤とで異なっていて、粉末洗剤には、「アルカリ剤」が多く含まれ、逆に液体洗剤には「界面活性剤」が多く含まれています。

で、アルカリ剤は泥汚れキラーで、界面活性剤は皮脂汚れキラーなので、「泥汚れには粉末洗剤、皮脂などの汚れは液体洗剤」ということになります。

まとめ

同じと思っていた洗剤も汚れに寄って使い分けが必要なようです。ただ、自分の場合は、泥汚れと脂と両方あるので、洗濯前にウタマロ石鹸で手洗いしてから投入するようにしています。汚れの落ち方が全然違います。


洗面台にウタマロ石鹸のあの緑は気に入りませんが、実用性考えるとどうしても手放せないです。ちょっと石鹸置きのいいのを探してみようかと思っています。

家事は洗濯だけでも相当奥が深いです。

コメント