明日死ぬと思って情報を整理してみる

スポンサーリンク

重めのタイトルですが、言いたいことはシンプルです。

もし自分が明日死ぬとしたら、1時間後死ぬとしたら、どういう風に家族や友人に自分の情報を引き継ぎますか?

自分はまだ30代半ばですが、昨年友人をなくしたりして、最近死はずっと先にあるものだという認識が覆され、結構身近にあるものだという考えになっています。

独身の時は、それでも平気でしたが、家族ができるとやはり残された者に自分の持っているもの(モノからデジタルデータまで)を何とかうまく引き継ぎたいと強く思うようになりました。

そんな折、グーグルからもタイムリーなサービスがリリースされ、その思いに拍車がかかっています。

グーグル「死後設定」であなた亡き後もクラウド管理

モノに関しては、適当に処分してくれるだろうと思いますが、デジタルデータや自分の個人情報やウェブサービスのアカウントについてはある程度いつでも引き継げるようにして置かなければならないと思っています。

自分の保険や銀行口座などの情報に関して

まず、個人情報というか、自分の保険や銀行口座などの情報に関して

これは、単純ですがある程度まとめて文章にして、残しておこうかと思っています。年に1回アップデートして、口座の情報や保険証券などもまとめておきます。未だに紙での管理になるので、一度まとめておくと、火事や地震の際にももって逃げられるので、一度整理しておいたほうがいいです。

デジタルデータ

基本的に本や写真や動画などはデジタルデータ化を進めているので、こちらはそのありかを明確にしておけは、家族も見つけるのが用意になるかと思っています。娘や家族の写真や動画は今のところ、外付けHDD2台にバックアップをとっています。1台は先日購入したpogoplugにつないであるので、外出先からも見ることができます

整理はこの方法で十分なのですが、見たいときにすぐ見れないのがストレスなのと、妻や家族がとったものを定期的にパソコンにいれないといけないのが面倒になってきています。

なので、「おもいでばこ」という商品を買おうかと思っています。

おもいでばこは、テレビにつないで見るフォトビューワですが、画像や動画などをSDカードを挿せば勝手に取り込んで整理してくれるので、パソコンでいちいちフォルダ整理したりする手間が省けます。

以前はeye-fiなどで、自動化を試みたのですが、動画はやはり転送に時間がかかったりするので、断念した経緯があります。さらに先日妻と整理して取り込んだ画像をみながら、フォトブックを作ろうとしたのですが、写真の枚数が多すぎてみることができず最後には喧嘩になった苦い思い出があるので、リビングでくつろぎながら、アルバムを作れる機能にもひかれています。

写真や動画整理用に一台パソコンを買おうかと思いましたが、どうも「おもいでばこ」だけで良さそうです。

ウェブサービスアカウント

最後は、ウェブサービスアカウントですが、こちらは常に使っているもの以外は全て退会もしくは放置かなぁと思っています。

ただ、メールアカウントやFBアカウントなどをどうするかは今後の課題ですね。ほとんどないですが、家族にも見られたくない情報は早目に消さないとですね。

あと、フリーで仕事してる人や、ノマドワーカーももしもを考え、仕事が滞らないように信頼できる人や家族に概要くらいは伝えておいたほうがいいかもしれないです。社長が亡くなった途端に倒産して、借金まで残ったなんて話をよく聞きますので・・・

GWの休みにでも、死を意識して情報整理してみると結構すっきりしますよ。
あまり考えたくはないですが・・・

コメント