猪名川花火大会、子連れでも楽しめる攻略ポイントを紹介

スポンサーリンク

いよいよ夏休みが始まりましたね。
(自分には全く夏休みはありませんが・・・)

子どもたちにとっては嬉しい夏休みですが、親にとっては毎日の遊びを考えるのがつらい日々でもあったりします。

fireworks

夏休みの楽しみの一つに花火大会があります。子連れでの花火大会は厳しいかと思っていましたが、地元の規模の小さめの花火大会だと、子連れでも結構楽しめます。そんな子連れでも楽しめる猪名川の花火大会を紹介します。

猪名川花火大会

北摂エリアでは比較的規模の大きな花火大会です。猪名川河川敷は広くシートを広げられる場所が多いため、子連れでもゆったり楽しめます。子どもころから通い続ける花火大会でもあります。

猪名川花火大会の概要

開催日
2018年8月18日(土)※小雨決行(荒天中止)
開催時間
19:20~20:20予定
開催場所
兵庫県川西市小花2丁目付近 猪名川河川敷
花火発数
約4,000発
最寄駅
阪急池田駅・川西能勢口駅、JR川西池田駅
URL
第70回猪名川花火大会|川西市
地図
現在地
ルートを検索

猪名川花火大会の子連れでの攻略ポイント

猪名川河川敷へは川西側、池田側どちらからでもアクセス可能ですが、川西側のほうが比較的すいている印象があります。河川敷ではシートが広げられるので、当日早めに行って場所取りしたほうがゆっくりみることができます。川西側だとすぐ近くに大きな公園があるので、待ち時間も子どもたちが遊ばせることができ、花火までの時間も有効に使うことができます。

子供たちの友達家族とでかけています。池田駅からあるいて行くのですが、途中にたこ焼きさんや酒屋さんなどがあるので、そこで夕食を仕入れてからでかけます。
お手洗いが近くにないので、事前に行くようにしておきましょう。

あってよかった持ち物

敷物

かなり大きめのものを持っていくようにしています。

虫除け

川沿いということもあって蚊が多いので、虫除けグッズは忘れずに。自分は蚊取り線香もっていきました。

三脚

花火の良い写真を撮ろうと思うなら、三脚は忘れずに。ただ、後ろの人に配慮して、使うようにしましょう。

まとめ

今まで子連れで花火大会というのをあまり意識したことがなかったですが、勝手をよく知っている地元の花火大会だったら、子連れでも十分楽しめますね。もし可能なら、花火大会の前に会場周辺に下見に行っておくと当日焦らずにすんでかっこいいパパを演出できます。

注意:宝塚花火大会は2015年を最後になくなりました。

宝塚観光花火大会

2,000発と小規模ですが、平日開催のため比較的混雑の度合いも少なめです。

開催日
2015年8月5日(水)
開催時間
19:45~20:30予定
開催場所
武庫川観光ダム一帯
花火発数
約2,000発
最寄駅
阪急宝塚駅、JR宝塚
URL
平成27年度 宝塚観光花火大会:宝塚観光ガイド<宝塚市国際観光協会
地図
現在地
ルートを検索
宝塚観光花火大会の子連れでの攻略ポイント

車で近くの高台から観るのがポイントです。うちの家では宝塚駅北側の山手にいき、そのあたりの公園から見ると混雑もなくゆっくりみることができます。

コメント