ストリートアートもエコな時代なんですね!「Clean Graffiti」

スポンサーリンク

エコというか、誰にも迷惑をかけないというべきか、面白い試みですね。

英国での日産リーフのCMですが、リバースグラフィティアーティストのMOOSEさんによる作品をリーフと共に制作するというコンセプトのようです。
リバースグラフィティって、何?と思って調べてみたら、ウィキペディアがありました。

塗料の類は用いず、例えば排気ガスで汚れた街中の壁などの、描きたい部分のみの汚れを意図的に落とす行為。一般的なグラフィティの逆の行為を行うことから「リバース」の語が用いられている。
苔むした壁や、埃まみれの自動車のボンネットをキャンバス代わりにする場合もある。
高圧洗浄機で放水する場合、フリーハンドの他、あらかじめ下書きした型紙を貼ってマスキング(養生)することもある。
目的としては、環境問題や平和へのメッセージ色が込められたものや、ゲリラ・マーケティング的な広告のものもある。

ちなみに高圧洗浄機の電源をリーフからとっているというアピールもしっかりされています。

エミネムのプロモーションで一躍有名になったようですね。

そういや、仕事で高圧洗浄機を買えと言われていて、今かなり物色中です。
この組合せが良さそうです。

うちの外壁で一回遊んでみようかなぁ。

コメント