いつの間にかウィンドウズ10の無料アップグレード予約が始まっていた

スポンサーリンク

いつもどおり、パソコンを開いたら、右下のところに見慣れないマークが出ていました。

win10
マウスオーバーしてみると「Windows 10を入手する」と出ています。

もう発売されたの?と思って調べてみましたが、発売は7月29日のようです。
今は、発売に合わせて予約を受け付けているようです。

そもそもウィンドウズ10って?

ちゃんと調べてなかったので、「ウィンドウズ10」についてちょっと調べてみました。

ウィンドウズ10は無料でアップグレードできる

Windows7や8を使っている個人は無料アップグレードできるようです。パソコンに元々ついていたOSももちろん無料アップグレードの対象となるようです。

デバイスの垣根なく使える

今までスマホとPCでは同じウィンドウズでも別物でしたが、これが全てウィンドウズ10に統一されるようです。

新しいWEBブラウザ「Edge(エッジ)」が搭載

ウィンドウズ10には、インターネットエクスプローラーとは違う全く新しいWEBブラウザが搭載されるようです。使えるブラウザに仕上がってくれていることを期待します。

音楽、ビデオやメールなどのソフトが新しくなる

マップ、フォト、メール、カレンダー、ミュージック、ビデオなどのアプリが標準搭載されるようです。しかもこの情報は OneDrive を使ってバックアップされ、あらゆる Windows 10 デバイス間でシームレスに同期されるので、必要な情報にいつでもアクセスすることができます。音楽のシームレスな統合は少し期待できそうです。

【参考UR】
<ウィンドウズ10の概要>
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/features

ウィンドウズ10の1年後はどうなる?

ウィンドウズ10は1年間無料で提供されると書かれています。「1年間したら毎年お金がかかる?」との疑問が湧いてきました。これには色々情報が飛び交っています。

win10_2
赤枠でかこった箇所をみると、以下のように書かれています。

Windows 10は無料で提供されます。今期間限定のアップグレードで入手できるのは、通常版のWidows 10です。試用版ではありません。

これ読む限りは、「1年後からはアップグレードにお金がかかる」という意味だと自分は思います。なので、一度通常版をいれたらその後はお金はかからないと思います。

ウィンドウズにいろいろなバージョンが出ているとコストが膨大にかかるので、マイクロソフトとしては、はやくWindows10に統合したいのが本音だと思います。

スマホやマックのようにOSを統合して、ひとつのOSをアップデートしていくほうが、開発コストを大幅に下げることができるのでは?海賊版も含めて無償アップグレードしたとしても、Windows10に統合するほうがコストが安いと踏んだのだと思っています。だから、Windows7や8を使っているユーザーには早く10に移行させて、XPのようにサポート自体を終了したいんでしょうね。だから、ものすごいプレッシャーが来そうですwww

とりあえず予約してみました!

自分では、無償アップグレードがほんとに無償だと思えたので、しかもWindows 7のソフトも使えそうなので、無償アップグレードに乗っかってみることにしてみました。

ちなみにこの「Windows 10」を入手アプリには、アップグレードできるかを判定してくれる機能もついています。
左上の≡をクリックすると、メニューが出てきます。

win10_11
アップグレードの入手のしたにある「PCのチェック」をクリックすると確認できます。

win10_impossible
\(^o^)/オワタ 
え、うちのパソコンだめなの??? 
 
おいおい、どうすんだこのオチ。

コメント