BOOK

「奇跡の経営」はほんとにできたら奇跡でしかない【書評】

経営者である友人からぜひ読んでほしいと渡された一冊がリカルド・セムラー氏の「奇跡の経営」という本でした。本書は、社員のコントロールを一切やめ、急激に業績を伸ばしたセムコ社のCEOである、リカルド・セムラー氏の経営手法について書かれています。どの会社でも常識とされていることが、セムコ社にはありません。
BOOK

「アフターデジタル」でオフラインのない世界を知る【書評】

「オフラインのない時代に生き残る」という副題に惹かれ、ビービットの藤井氏、IT批評家の尾原氏による共著「アフターデジタル」を読みました。本書では、ビフォアデジタルとはリアルで会える人がたまにデジタルに来る世界、それに対して、アフターデジタルはオンラインで絶えず接点があり、たまにデジタルを活用したリアルにも来てくれる世界とオフラインのない世界を表現されています。
BOOK

「分断した世界」逆転するグローバリズムの行方【書評】

今回読んだ「分断した世界」は、自分の足で取材した高城剛さんが今世界で起こっていることをまとめた本です。本書は、タイトルこそ全然違いますが、以前読んだ「2049 日本がEUに加盟する日」とセットになっています。そして、読む順番が逆だったことを今知りました。
スポンサーリンク
RESTAURANT

箕面で「はしご酒」イベントを楽しんでみる【2019週刊MAW37】

先週は、箕面市内で開催された「はしご酒」のイベントに行ってきました。はしご酒に参加店舗に行くと、500円でお酒1杯とおかず1品が楽しめます。そんな2019年第37週の週刊MAWです。
週間MAW

キッズフリー・キャンペーンのUSJにようやく出かける【2019週刊MAW36】

2019年週刊MAWのWeek36を更新しました。今週は、キッズフリープログラムをやっていたユニバーサルスタジオに行ってきました。
週間MAW

万博で水遊びをしたり、虫取りに行ったり【2019週刊MAW35】

2019年週刊MAWのWeek35を更新しました。今週は、万博公園にいったり、千里阪急ホテルのビアガーデンなど、外で遊ぶことが多かった一週間でした。
BOOK

米中ハイテク覇権のゆくえ【書評】

アメリカと中国の対立の激しさが増すばかりの2019年の夏、「米中ハイテク覇権のゆくえ」という本を読みました。本書は、中国とアメリカの間で今起きていることを現地で取材を行ったNHKスペシャル取材班が書き下ろした一冊です。
BOOK

夜10時に寝て、朝3時に起きる「眠るが勝ち」を読んで、早起きが辛くなくなった【書評】

今年の6月から5時をなんとか続けています。早起きしてから色々と調子が良いのですが、本当に早起きが体に良いのか気になり、本書「眠るが勝ち」を手にとってみました。著者は、医学博士の南雲吉則さんです。もう還暦間近なのに、30代にしか見えない著者の言う事なら説得力があると思ったのも本書を選んだ理由のひとつです。
週間MAW

海を楽しむためにこの夏買ったもの【2019週刊MAW33】

夏本番になったので、海遊び用に買ったHURLEYのキャップ「ファントム」、SWANSの水中メガネ「SRX-MPAF」、サンベアーズのサンオイルとサンタンローションを紹介します。
2019.08.15
BOOK

2049 日本がEUに加盟する日を読んで、未来を少し予想できた【書評】

高城剛氏の「2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生」という本を読みました。前著、分断化された世界の後半に位置づけられた本書で未来が少し見えた気がしました。
Travel

沼島への行き方や、沼島海水浴場に行く際の持ち物や注意点

先日、淡路島の隣りにある「沼島(ぬしま)」にある沼島海水浴場に行ってきたので、沼島への行き方や子連れで行く場合の持ち物や注意点などを紹介したいと思います。
週間MAW

初めてゴルフで100を切ったので、良かった点まとめ【2019週刊MAW32】

ゴルフはほとんど練習もしない自分ですが、先日ラウンドした際、初めて100を切ることができました。次回に向けて、今回何がよかったのか、まとめてみました。
100 Goods

DOLCE & GABBANA [THE ONE](10/100)

DOLCE & GABBANAのTHE ONE For MENという香水が10個目の100 Goodsです。香水は昔から好きで色々なものを使っていましたが、ここ何年もD&Gの「ザ・ワン」を愛用しています。匂いを口で説明するのは本当に難しいのですが、甘いようでスモーキーと言った匂いです。
振り返り

よく雨の降った7月でした【2019年7月の振り返り】

梅雨が例年以上に長かった2019年7月が終わりました。2019年後半戦のスタートは夏らしくない天候のもとに始まりました。 先月から...
100 Goods

ブルーラベル ルームフレグランス オーシャンブルー(9/100)

自分のオフィスで使うルームフレグランスは、ここ何年も「ブルーラベル ルームフレグランス オーシャンブルー」です。特に部屋のにおいにこだわりがあるほうではないのですが、くさいよりは良い匂いの中で仕事したいと思いいろいろなルームフレグランスを試した結果、行き着いたのが「ブルーラベル ルームフレグランス オーシャンブルー」でした。
スポンサーリンク